新百合混声合唱団


雑 多 な 余 録


聖 ト ー マ ス 教 会

トップページへ戻る

 ライプツィヒにある聖トーマス教会はヨハン・セバスチャン・バッハが、1723年(38歳)から亡くなる1750年(65歳)までの28年間、その付属学校の教師(カントール)(通称「トーマスカントール」)として教会内の音楽を取り仕切ったところである。この職は同時に当時の大通商都市ライプツィヒ市の音楽監督をも兼ねており、ドイツ全土でも指折りの名誉ある職とされていた。従ってこの期間のバッハは教会音楽だけでなく、一般市民のためあらゆるジャンルの音楽においても活躍し、重要な作品群を生み出した。例えば、各種受難曲、「クリスマス・オラトリオ」、各種カンタータ、「ゴルトベルク変奏曲」、「音楽の捧げもの」、などがある。聖トーマス教会を訪れると、入り口近くにあるお布施箱に30セント(0.3ユーロ)入れると教会の案内書が貰える。簡単な見開きのもので日本語版もあり、以下にその内容を無断で転載する。お布施の払込先も正確に転載しているので、教会も許してくれると思う。
(引用書きの無い写真は転載者撮影)


  

図1:案内書の表紙絵

図2:東側から見た教会

図3:バッハの墓(下の平面図中番号3)


図4:バッハのステンドグラス(下の平面図中番号6)

(参考書1より)

図5:バッハの銅像(下の平面図中番号10)
(新百合混声ピアニスト三枝美佐さん提供)
 
 バッハは1750年ソコヒの手術の失敗がもとで亡くなり、聖ヨハネ教会に埋葬されたが、その遺骸は行方不明となった。1894年聖ヨハネ教会の改築の時に見つかり、当時ライプツィヒ大学の解剖学教授ヴィルヘルム・ヘスの研究によりバッハの遺骸であることが結論づけられた。ヘスはその頭蓋骨に基づきバッハの頭部を復元した(写真は参考書1より)。さらにそれを基に彫刻家カール・ゼフナーが1908年図5の銅像を作成した。ゼフナーという人は茶目っ気のある人のようで、この銅像を見るとバッハの上着の左ポケットは裏返しになり、チョッキの上から2番目のボタンがはずれている。ポケットは、バッハは20人の子供をもうけ、その内10人が成人したそうで、台所は火の車、もうスッカラカンと言うことだそうだ。またチョッキのほうは、リベートを懐に入れやすいためという人もいるそうだが、指揮をする機会の多かったバッハが指揮棒を胸のポケットにしまいやすいためと言うことに落ち着いているそうである。(ツアーガイドの話による)
建物とその歴史

 1160年ごろマイセン王国のオットー辺境伯は、城塞およびその城下町のリプツィに都市権を与えました。トーマス教会の聖歌隊の間と中央方形部を発掘調査した時に発見された教会の基礎壁はその頃にできたものです。それ以上のことは分かっていませんが、ともかくこの最初の建物が1212年にディートリッヒ辺境伯によって建てられたアウグスティヌス司教座聖堂参事会の始まりとなります。

 1355年には早くもロマネスクからゴシックヘの建て替えが行われます。聖歌隊の間の北側にある窓、塔の下方階、南北に広がる方形部、それにその丸天井とコンソールは、いずれも1355年以前にできたものです。15世紀の終わりにエルツゲビルゲ山地で銀が発見されると、ライプツィヒは一躍裕福な経済都市になります。その結果、ライプツィヒの教会では40年の間に改築や増築が行われました。1482年にはトーマス教会のロマネスク様式の中廊が取り壊され、新たに後期ゴシック様式のホール型教会が建てられて今日に至っています。その除幕聖別式は1496年に行われました。その後は1702年の塔の完成までトーマス教会の建物はまったく変っていません。17世紀にできた礼拝堂増築部と長堂の北面を決めていた二つの階段吹き抜き付きの張り出し部は19世紀の終わりに再び取り外されています。

 ライプツィヒは貿易によって栄えたため、教会の装備はたびたびその時代の趣味に合ったものにされました。大修理が行われたのは1884-89年のことです。この時にバロック時代、特にヨハン・セバスチャン・バッハがトーマス教会で仕事をしていた(1723-1750年)時代の装備はすべて取り除かれています。それ以来教会の内装は新ゴシック様式のものとなっています。西側正門もこの時代にできたものです。1961-64年の改修では、後期ゴシックのホール型教会としての性格がいっそう強調されることになりました。

 1990年に東西ドイツが統一されて、100年以上をかけた総合大修理の可能性が開けます。この計画は幅広い支持を得て、ヨハン・セバスチャン・バッハの没後250年に当たる2000年7月28日に正式決定が下り、それに伴って新しいバッハ・オルガンが設置されました。この実現に与ったのは、EU、ドイツ連邦共和国、ザクセン州、ライプツィヒ市からの公共助成金、それに3年間で1000万マルクもの一般寄付金を集めた「卜一マス教会・バッハ・2000」協会の協賛事業などでした。

 教会の全長は76m、中廊の長さ50m、その幅と高さはそれぞれ25mと18m。屋根の傾きは例外的に急な63°。 内部は7面を擁し、棟高は45m、塔の高さは68mです。


芸術品

 雪花石膏からできた洗礼台は1614-15年にフランツ・ドェーテバーの手になるもので、これには聖書の場面が描かれています。聖歌隊の間にある両開き祭壇は15世紀に無名の工匠によって造られた貴重な作品ですが、これはもともと1968年に爆破解体されたパウリーネ教会(大学教会)にあったものです。ライプツィヒ市教区監督の歴代肖像画は聖歌隊の間に設置されています。この中で最も古いのは1614年のものです。ブロンズ製の墓標板の下には1950年からヨハン・セバスチャン・バッハの遺骸が眠っています(図3)。この遺骸は1894年にヨハネス教会の墓地から発見され、その後1900年からヨハネス教会に埋葬されていたものです。第二次世界大戦でこの教会が破壊され、1949年にその亡骸がトーマス教会に移されました。

 説教壇向いのキリスト十字架像はカスパー・フリードリッヒ・レーベルによって造られたもので、数少ないバッハ時代の作品の一つです。注目に値するのは墓標板の数で、最古のものは騎士ハラス(1451年没)のものです。これは側門左の南二階席の下にあります。方形部北側には1612年付けの市参事会員ダニエル・ライヒャーの墓標板があります。

 もともとトーマス教会は単純な装飾ガラス窓からできていたのですが、1889年以後聖歌隊の間と南側面に色彩ガラス窓が取り付けられます。聖歌隊の間にある窓の絵には、キリストの誕生、洗礼、復活とエマオの弟子が描かれています。2000年の5月には唯一戦争で壊された聖歌隊の間の窓が、ハンス・ゴットフリート・フォン・シュトックハウゼンによってデザインされたトーマス窓に変えられました。南側のわき窓に描かれているのは、(東から西に向って順に)第一次大戦の戦没者追悼用の窓、国王グスタフ2世、アドルフ・フォン・シュヴェーデン、ヨハン・セバスチャン・バッハ(図4)、ザクセン選帝侯賢帝フリードリッヒ(左)とフィリップ・メランヒトン(右)を従えたマーティン・ルッター、フェリックス・メンデルスゾーン・バルトルディ(1997年から)、皇帝ヴィルヘルム1世です。


オルガンと楽器

 バッハ時代のオルガンは残っていません。西側二階聖歌隊席に置かれているオルガンは1889年ヴィルヘルム・ザウアーによって造られたものです。このロマンティック様式のオルガンは初めは63音からできていましたが、1908年にそれが88音に増えました。1967年からはホールの北東隅にアレキサンダー・シューケの手になるオルガンが置かれていましたが、これは1999年フユルステンヴァルデの聖マリア聖堂に移されました。バッハ年2000年には北聖歌隊席のバッハ窓の向いに新しいバッハ・オルガンが設置されました。これはヨハン・セバスチャン・バッハのオルガン曲を演奏するために使われるもので、.マールブルクのゲラルド・ヴェール・オルガン製作所によって造られました。4つのマニュアルとペダルの上に設えられた61の音栓を持つ、このオルガンの音色は18世紀の中部ドイツのオルガン構造に合わせてあります。外箱部の形は、バッハも演奏したことのある壊されたライプツィヒ大学教会のオルガンからヒントを得たものです。

 トーマス教会の聖具室には教会所有の、バッハ時代の楽器が陳列されています。その陳列品は、ヴァイオリン2つ、ビオラ1つ、コントラバス1つ、チェロ1つ、それにティンパニー2つです。


卜一マス教会少年合唱団と指揮者

 トーマス教会少年合唱団についての最初の文書記録は1254年にまで遡りますが、合唱団の存在はトーマス修道院と同じ頃からと推測されます。バッハの時代には54人のメンバーからできていた合唱団は、今日では約100人のメンバーを擁しています。この合唱団には特に、毎週行われるモテットとカンタータ、それに毎週日曜日に行われる礼拝式を通してバッハの作品を保存していくという義務が課せられています。また毎年一回クリスマス・オラトリオと二つの受難曲のうちの一つが演奏されます。
 バッハの時代では、ゼトゥス・カルヴィジウス(1594-1615)、ヨハン・ヘルマン・シャイン(1616-1630)、ヨハン・クーナウ(1701-1722)といった指揮者たちが注目されます。ヨハン・セバスチャン・パッハがトーマス教会で指揮を取っていたのは1723年から1750年7月28日の命日までです。バッハ以降の指揮者としてはヨハン・アダム・ヒラー(1789-1800)の名が挙がります。ヒラーは1763年にいわゆる愛好家コンサートというのを始めるのですが、ここから1781年にゲヴァントハウス・コンサートが出てくるわけです。またゴットフリート・ヴァイニング(1823-1842)はリヒャルト・ヴァーグナーの音楽の先生でした。20世紀になってトーマス教会合唱団の名を世界中に広めるのに貢献した指揮者としては、カール・シュトラウベ(1918-1940)、ギュンター・ラミン(1940-1956)、クルト・トーマス(1957-1'961)、エアハルト・マウアスベルガー(1962-1971)、ハンス・ヨアヒム・ロッチュ(1972-1991)がいます。1992年からはゲオルク・クリストフ・ビラーが指揮を取っています。


主要歴史事項

1409.12.02  卜一マス修道院にライプツィヒ大学創立
1477.09.14  最古の鐘「グロリオーザj鋳造
1482-1496  後期ゴシック様式ホール型教会の中廊新築
1519.06.24  マーティン・ルッターとヨハン・エックとの間で交わされたライプツィヒ論争の開始となる礼拝式
1539.05.25  マーティン・ルッターによってライプツィヒに宗教改革導入
1541       修道院解散と建物の撤去
1723-1750  ヨハン・セバスチャン・バッハ、ライプツィヒ・トーマス教会合唱指揮者
1732      卜一マス学校改築
1789.05.12  モーツァルト、卜一マス教会のオルガンで演奏
1806      ナポレオン軍、トーマス教会を弾薬庫として使用
1813/1814  いわゆる諸国民戦争の間、トーマス教会は野戦病院
1841.04.04   フェリックス・メンデルスゾーン・バルトルディによるバッハ「マタイ受難曲」演奏
1842.09.16  「グスタフ・アドルフ団(GAW)」創立
1843.04.23   フェリックス・メンデルスゾーン発案によるバッハ記念碑の除幕聖別式
1848.11.26  卜一マス教会でローベルト・ブルーム追悼式
1884-1889  トーマス教会、新ゴシック様式に改築、ザウアー・オルガン設置
1902      旧トーマス学校解散
1904      卜一マス学校に代って教区監督庁建設
1908      カール・ゼフナーによるバッハ記念碑の除幕聖別式(図5)
1917      最後の鐘楼守、卜一マス塔上の住居を出る
1943.12.04  焼夷弾による塔の損壊
1950      卜一マス教会内にバッハの墓所
1961-1964  トーマス教会内装修理
1966/1967  シューケ・オルガンの設置(1999年取り外し)
1991      総合大修理の開始
1993      パウリーネ祭壇の除幕聖別式
1997      フェリックス・メンデルスゾーン記念窓の取り付け
         聖歌隊の間にトーマス窓の取り付け
2000.06.11  修理されたトーマス教会と新しいバッハ・オルガンの除幕聖別式
2000.07.28  ヨハン・セバスチャン・バッハ没後250年の祭典


現在のトーマス教会

 ライプツィヒ・卜一マス教会は変動に満ちた歴史を生き生きと物語っています。ここは美術博物館ではありません。連日オープンして実際に使われている場所だからです。ここへはキリスト教徒もそうでない人も礼拝やお祈り、それにモテットやコンサートに集まってきます。聖書のメッセージを聞きながら、会衆の人々はその指針を受け取り、礼拝式は世界中の人々のためにという使命を受けて行われています。そして聖餐は人々に慰安と希望をもたらします。



 わが新百合混声合唱団の元ピアニスト三枝美佐さんが先日ドイツ旅行に行き、聖トーマス教会を訪ねました。その折り左の写真のカードをおみやげにと団員一人一人に配られました。
 これは聖トーマス教会の内部の写真です。本ページの一番下にある「教会平面図」を参照すると、「祭壇」側から「ザウアー・オルガン」の方向を写していることが分かります。「聖歌隊席」には指揮者とオーケストラが見えます。一番手前が「洗礼盤」で、その向こうの花の飾ってある長方形の石盤は「バッハの墓」です。聴衆が所狭しと座っているのが見えます。クリスマス恒例の音楽会なのでしょうか。 

 



礼拝式の案内

毎週日曜日 9時30分(聖餐あり)
         18時(聖餐あり)
モテットとオルガンの晩祷
毎週金曜日 18時
毎週土曜日 15時(カンタータあり)

トーマス教会は毎日開いています
9時から18時まで




寄付払込口座
Landeskirchliche Kredit-Genossenschaft Sachsen eG
BLZ(銀行番号) 85095164
Kontonummer (口座番号) 106470022









Ev-Luth.Kirchgemeinde St.Thomas
Thomaskirchhof 18
D-04109 Leipzig
Tel. +49-341-9602855
Fax +49-341-9600652
e-mail : thomaskirche.leipzig@t-online.de
Internet : www.thomaskirche.org
編集 : Christian Wolff
印刷 : Druckerei Böhlau, Leipzig


 三枝美佐さんの写真をもう一枚。

  トーマス教会の塔に上るツアー「トゥルムフュールンク」に参加して、塔の上から、バッハ先生の頭をパチリ。

 広場の反対側をよく見ると「BACHSTÜB’L](バッハシュテューベル)なるカフェが見えます。この店のガラス窓には、バッハの紋章と共にバッハの「コーヒーカンタータ」の一節「Ey, wie schmecht der Coffee süsse! (ああ、コーヒーってなんて甘いのかしら)」が書かれています。ちなみにこの店の名物は「カンタータ・コーヒー」だそうで、そのコップにもこの一節が書かれているそうです。


 聖トーマス教会平面図
 (上が北側)

 (参考書2より)

参考書:

1. サントリー音楽文化展’85「バッハ生誕300年」カタログ
2. 「バッハへの旅」(文:加藤浩子、写真:若月伸一)東京書籍


トップページへ戻る