新百合混声合唱団

合 唱 団 の 紹 介 


トップページへ戻る



タイトルロゴ「響」
     「新百合混声」のシンボル・ロゴ「響」:
 飯島有子さんの作品



  新百合混声合唱団は、1996年に結団して以来、
川崎市の小田急線沿線・新百合ヶ丘及び東急田園都市線鷺沼周辺で、
主に古典から現代までの幅広い時代の宗教曲から選曲して定期演奏会に向けて練習しています。

曲によって違う発声や発音、言葉の問題を課題とし
ヴォイストレーニングやパート練習で細かく取り組みますので安心して練習に参加出来ます。
♪ 
♪ 
歌うこと大好きな老若男女が集まり、合唱を楽しんでいるのが「新百合混声合唱団」です。 

♪ これまでバッハ、モーツァルト、シューベルト、ブラームス等の宗教曲を練習し、演奏してまいりました。
第13回演奏会はスティーブ・ドブロゴス作曲の「テ・デウム」「ミサ」を
作曲者自身と共演し、大変好評を得ました。

当日の演奏[Te Deum]の動画をご覧になれます。(約15分あまり)


♪ 現在、第17回の演奏会を目指して、
フォーレ作曲「レクイエム」の練習を始めております。


第14回発表ローリセンの「ルックス・エテルナ」の練習風景の動画をご覧になれます。(約8分)

 ♪ 
まだまだ歌いたい曲はたくさんあります。
さらに同好の士を多数得て大曲もこなしていきたいと思っております。 


                                                                                               

代表 : 千本木 茂夫


分割飾り

練 習 風 景

第14回発表ローリセンの「ルックス・エテルナ」の練習風景の動画をご覧になれます。(約8分)

写真T 写真U
  額を寄せ合って何をしているのでしょう。今日の練習の進め方の相談かな? 左:木村先生、右:ピアニスト岩崎さん   ソプラノとアルトさん。のりにのって歌っていますね。先生の指揮にも力が入ります。
 写真V  写真W
  ♪ 男声も淡々と歌っているように見えますが、
真剣です。
  ♪ 演奏会前日のリハーサル風景。皆さん真剣です。



ロゴ



 

トップページへ戻る