新百合混声合唱団


 先 生 の 紹 介


トップページへ戻る


 木村先生  合唱指揮者  木村 美音子 Kimura Mineko

 東京音楽大学ピアノ専攻卒業。公立学校の音楽専科教諭をしながら、ピアノリサイタルの開催や、フランスでの国際ピアノコンクールでファイナリストになる等積極的に演奏活動を行う。
 その後指揮者を目指し、洗足学園音楽大学付属指揮研究所に入所。マスタークラス研究生として同大学のオーケストラやオペラの演奏会で研鑽を積む。指揮を秋山和慶、川本統脩、増井信貴の各氏に師事。
 2003年総監督:寛仁親王、演出:神津善行各氏による「トルコ音楽の夕べ」に出演、東京シンフォニー・チェンバー・オーケストラを指揮。2005年「フレッシュ名曲コンサート」で東京交響楽団を指揮してデビュー。2006年イタリアで行われた国際音楽アカデミー指揮マスターコースにてディプロマ受賞。2012年にはニューヨークのカーネギーホールでのデビューを果たした。
 オーケストラ以外にも、東京アカデミー合唱団、新百合混声合唱団 等の合唱団やオペラの指揮者としても幅広く活躍している。
 洗足学園音楽大学講師。玉川大学講師。日本演奏連盟会員。
   

笠井先生 ヴォイストレーナー 笠井 仁  Kasai Hitoshi :  (Baritono)

 武蔵野音楽大学声楽学科卒業及び同大学院修了。ミラノ音楽院にて学ぶ。武蔵野音楽大学大学院修了演奏会へ出演。
 イタリアでは、オルタ湖音楽祭、ベルガマス劇場コンサート、モーツァルト『ドン・ジョヴァンニ』のタイトルロール、ゴリーツィア・フィルハーモニーオーケストラと共演など、多くの演奏会へ出演し、音楽誌や新聞にて好評を博す。
 日本に於いては、東京オペラ・プロデュース主催:ドビュッシー『ロドリーグとシメーヌ』のドン・ゴメス役など多くのオペラへ出演し好評を博す。
 第32回イタリア声楽コンコルソ入選。東京オペラ・プロデュース・メンバー。音響芸術専門学校非常勤講師。 
二期会会員。

金井先生 ヴォイストレーナー 金井 理香  Kanai Rika : (Soprano)   

東京音楽大学オペラコース卒業。東京オペラ・インスティテュート研修科修了。林ひろみ、清水知加子、笠井仁、M.L.Cioni諸氏に師事。長野県新人演奏会に出演。学内オペラ公演「ヘンゼルとグレーテル」眠りの精役、日生劇場オペラ教室「ジャンニ・スキッキ」ゲラルディーノ役にて出演。卒業後は首都圏を中心にオペラでは「カルメン」ミカエラ役、「ヘンゼルとグレーテル」グレーテル役、東京オペラ・プロデュース公演シャルパンティエ作曲「ルイーズ」(新国立劇場にて日本初演)牛乳屋役、服部正作曲「手古奈」やじ児役、ミラマーレ・オペラ公演「ジャンニ・スキッキ」ラウレッタ役、宗教曲ではプーランク「グロリア」ソプラノソロ、モーツァルト「ミサ・ブレヴィス」などに出演し好評を博す。2010年アルカモ国際オペラコンクール(イタリア・シチリア)日本代表。東京オペラ・プロデュース・メンバー。


練習ピアニスト 岩崎能子 Iwasaki Yoshiko

 都立芸術高校を経て東京音楽大学ピアノ演奏家コース卒業。 小林睦子、大谷真美子に師事。ドイツにてピアノ・マスターコース受講。 第5回川崎音楽賞コンクール第1位。 ルーマニアにてトレグムレシュ管弦楽団とチャイコフスキー・ピアノ協奏曲を、ロシアにてペテルブルグ音楽院講師のアナトーリ・ワシーリエフの伴奏など海外でも演奏している。日本では川崎市民交響楽団とべ一トーヴェンピアノ協奏曲第5番「皇帝」、また2012年、2013年とロシア文化フェスティバルにてオペラ「イオランタ」を日露の歌手とともに全曲演奏など多数のコンサートに出演している。新百合混声合唱団、新宿区民オペラ、大田区民オペラピアニスト。
 
 
  練習ピアニスト 尾中志穂 Onaka Shiho

 国立音楽大学卒業。ピアノを小澤英世、小沢さち、石川喜美子の各氏に、オペラ伴奏法をD.クロヴェッティ氏に師事。これまでにソプラノ、ヴァイオリン、マリンバ、コントラバスほかのリサイタル、オペラ、合唱団演奏会、声楽講習会などでピアニストをつとめる。「万里の長城杯」コンクール大学 の部 第5位、21世紀ピアノコンクールデュオの部入選。
 岡谷市医師会附属准看護学校特別講師、東京オペラ・プロデュース・スタッフメンバー、声楽教室タウベンポストの会、合唱団岡谷せせらぎ会ピアニスト。

トップページへ戻る